【もしも悩みがなかったら】水野敬也著 読後感

こんな人にお勧め

・一人で悩んでいる人

・ちょっとだけ心を軽くしたい人

 

悩みは無いつもりだけど多分あるかもと思って読んでみた。

鉄拳さんとの合作。

 

やっぱり擬人化されている。

「悩み」が女性の姿で出てくる。

何で女性なのと思いつつ、でも発想は面白い。

 

悩みのサイズと女性のサイズは正比例する。

「悩み」相談すると、解決方法が提示され、主人公は素直にそれに従う。

 

食事、掃除、相談。

運動、読書、日光浴。

解決方法の一部かもしれないが、具体的な事が書いてある。

確かに先ず身の回りの事を整えれば、考え方が変わってくるだろう。

そして働く事。失敗したり、怒られたりしながらも徐々に成長していく。

 

すると悩みは小さくなっていく。

最後はどうなるか。

 

とても深い自己啓発本である。

10分から30分ほどで読めるので読書習慣の無い人にお勧め。